日本で有名なFX業者といえば、日本国内ならGMOやDMM、ヒロセ通商、松井証券、岡三証券などが有名です。日本で有名な海外のFX業者を挙げるなら、アキシオリーやXM、TitanFX、iFOREXなどがあります。

 

しかし、ほとんどの場合、TradeView(トレードビュー)は日本の有名なFX業者の一つとして、ランクインしていません。

 

たとえランクインしていたとしても、1位や2位ではなく5位以下のランクで、WEBサイトで紹介されることがほとんどです。

 

実際にインターネットで調べてもらうとわかりますが、TradeViewForexを推奨しているサイトはほとんどありません。

 

実際に、TradeViewForexを利用している私としては、TradeViewForexほど安全で信頼できる会社はないと思っているので不思議に思いました。TradeViewの信頼性の裏づけについてはこちらの記事をどうぞ。

 

TradeViewForex(トレードビュー)は詐欺?信頼性と安全性は?

 

「TradeViewForex」を認可したケイマン諸島金融庁について

 

なぜTradeViewが日本ではあまり知られていないのかを考察してみました。

 

TradeViewが日本で有名ではない3つの理由

 

TradeViewが日本で有名ではない理由としては以下の3つが考えられます。

 

  1. そもそもネットやテレビで広告が流れることがほとんどない。
  2. アフィリエイターなどのインフルエンサーに気づいてもらえない。
  3. アフィリエイト報酬が少ないので積極的に紹介する人が少ない。

 

それでは順番ずつ解説しましょう。

 

そもそもネットやテレビで広告が流れることがほとんどない。

 

TradeViewは2004年に設立されて、十年以上続く老舗のFX会社ですが、これだけ長く続いているのに知っている日本人はほとんどいません。

 

その要因の一つとして、テレビやネットで広告がほとんど表示されないといった点があります。

 

少し具体的に調べないと出てこないので、日本でよく知られているGMO、DMM、TitanFX、XMなどの他のFX業者が出している広告に埋もれて知られることはほとんどありません。

 

なぜ人が増えたら儲かるのに、ネットやテレビで広告を流さないのか疑問に思うかもしれませんが、これには理由があります。

 

なぜなら、できる限り最小限のスプレッドと手数料で快適にトレードしてほしいという観点から、無駄な広告費を使わない方針を徹底しているからです。

 

「いや、単純にお金がないからでしょ?」

 

と思うかもしれませんが、それならケイマン諸島金融庁から正式な認可は受けませんし(ケイマン諸島金融庁から認可を受けるには他の金融庁と比べても段違いの厳格な審査を通らなくてはいけません。)、

 

もし、TradeViewForexに資金がなければ、世界最大規模の銀行の一つであるサンタンデール銀行と提携して3万5000ドルまでの補償制度を設けることはできないはずです。

 

TradeViewの安全性についてはこちらの記事を参考にしてください。

 

TradeViewForexの約定力が高い秘密と安全性を徹底解説!

 

アフィリエイターなどのインフルエンサーに気づいてもらえない。

 

そもそも日本で広告を見ることがないので、その存在を知ることが難しく、サービスを広めてくれるアフィリエイターの目に留まることがないので、SNSやブログを使って大々的に拡散されることがほとんどありません。

 

試しに、YoutubeやGoogleで検索するとわかりますが、当サイトほど積極的にTradeViewを紹介しているサイトがほとんどないことがわかります。

 

XMやアキシオリー、iFOREXをランキング形式で1位にしているサイトは多いんですけどね~。

 

「いや、評判が悪いから紹介したくないのでは?」

 

と思うかもしれませんが、海外の口コミを見てみてください。

 

低評価している評価を見つけるほうが難しいくらいに高評価で具体的な内容の口コミが多いです。参考になるのはこちらのサイトです。

 

「TradeViewForex」の海外口コミサイト (外部サイトへ)

 

アフィリエイト報酬が少ないので積極的に紹介する人が少ない。

 

これは私の偏見かもしれませんが、日本人のインフルエンサー(アフィリエイターやYoutuber含む)は、どんなに優良な商品でも報酬が高くなければ紹介しない傾向にあるように思います。

 

海外のサイトを見てみれば、TradeViewを紹介しているサイトは結構あるのですが、日本ではとにかく高額報酬の案件しか紹介も推奨もしません。

 

なので、紹介報酬が少ないと必然的に紹介する人が減るので、tradeviewを知る人は少なくなってしまうわけです。

 

無名である一番の原因はアフィリエイト報酬が少ないからかも・・・

 

なんだかんだ言って、日本でTradeView(トレードビュー)が広まらないのは、紹介者への報酬が少ないのが一番の原因だと思います。

 

GMOやDMMみたいに口座開設で1件あたり数万円以上の高額報酬じゃないと紹介して広めようという気持ちが起きないのかもしれませんね。

 

やっぱり一番の原因はお金か~。まあそんなもんですよね。

 

でも、商品そのものの良さが圧倒的であれば、紹介報酬が多少低くても広めるべきだと思うんですけどね。

 

TradeViewは他のFX業者と比べてトレード環境や安全性、信頼性はかなり高いですから、ここまで知名度が低いのはもったいないです。

 

TradeViewがここまで日本での知名度が低いのは、FX口座開設アフィリエイトが大きく関係していますが、さらに詳しくは以下の記事でどうぞ!

 

■URL