BTCFX(ビットコインFX)は、相場が上昇トレンドであるときだけでなく、下降トレンドのときでも利益を得られるところが魅力的です。

 

現物ホルダーであれば、BTCが下降トレンドに転じたとき、悲観的になって損切りするか、上昇トレンドに転じて利益を得られるまで現物を保有し続けるかの2択しかありませんが、BTCFXを行うトレーダーであれば現物ホルダーが悲観する下降トレンドでも利益を得ることができます。

 

トレーダーにとって価格変動が激しいBTC相場は、下降トレンドでも莫大な利益を上げられる魅力的な投機です。特に、上昇トレンドから下降トレンドに転じるときの下げ幅は大きなチャンスとなります。

 

現在日本での主要なBTCFXができる取引所は、「BitFlyer(ビットフライヤー)」と「Bitbank(ビットバンク)」、「DMM Bitcoin」の3つですが、BTCFXでトレーダーに有利な環境を提供している海外業者「TradeViewForex」と比較してみました!

 

日本の有名取引所と海外取引所「TradeViewForex」を比較!

 

取引所 最大レバレッジ 最低入金額 追証の有無 ロスカット基準 往復手数料 スプレッド
TradeView 10倍 $1000

(約10万円)

なし 証拠金維持率100%以下 価格×0.0015で算出。 1セントから
BitFlyer 15倍 制限なし あり 証拠金維持率50%以下 無料 変動のよりランダム
BitBank 20倍 0.01BTC相当 なし 証拠金維持率20%以下 枚数×約定価格×0.01%で算出。 変動によりランダム
DMM Bitcoin 4倍 クイック入金は5000円以上必要。銀行振込の場合は無制限。 あり 証拠金維持率80%以下 無料 変動によりランダム

 

日本の会社である「BitFlyer」と「Bitbank」、「DMM Bitcoin」を、「TradeViewForex」と一緒に比較してみましたが、なかなかいい勝負です。

 

さらに詳細な検証を行っていきます。

 

「ロスカット基準」と「最大レバレッジ」と「追証」の3つ観点から検証

 

「TradeViewForex」は証拠金維持率100%を下回ったら、顧客保護のために強制的に決済されるシステムですが、「BitFlyer」や「BitBank」、「DMM Bitcoin」などの日本の有名な取引所は、証拠金維持率20%~80%を下回ったら強制的に決済されるようになっています。

 

ロスカットの基準である証拠金維持率が高ければ高いほど、注文が強制的に決済されるまでの期間が短くなるので、損失が致命的なレベルまで拡大するのを防ぐことができます。

 

特に、ロスカットについて明確なマイルールを持っていない投資家は、「TradeViewForex」や「DMM Bitcoin」のようなロスカット基準が高い取引所がおすすめです。

 

なぜなら、外国為替よりも変動が激しい仮想通貨市場の大きな変動から、あなたの資産のほとんどが失われてしまうことを防ぐことができるからです。

 

特に、「TradeViewForex」は相場の急激な変動に耐えられる独自のシステムを導入しているので、決済が遅れて予定していた損失よりも大きな損失が出てしまうことがないので安全です。

 

「TradeViewForex」の安全性については以下の記事を参考にしてください。

 

TradeViewForexの約定力が高い秘密と安全性を徹底解説!

 

「最大レバレッジ」と「ロスカット基準」のバランスから考察

 

取引所名 最大レバレッジ ロスカット基準
TradeView 10倍 証拠金維持率100%以下
BitFlyer 15倍 証拠金維持率50%以下
BitBank 20倍 証拠金維持率20%以下
DMM Bitcoin 4倍 証拠金維持率80%以下

 

海外取引所の「TradeView(トレードビュー)」は、最大レバレッジは日本の有名な取引所と比べて少し低いですが、十分なレベルです。

 

「TradeView」のロスカット基準も証拠金維持率が100%を下回ったら発動するので、損失を拡大せずに早めの強制的な決済で顧客の資産が大きく減ることを防ぎます。

 

対する、日本の有名な取引所は最大レバレッジが極端に高い代わりにロスカット基準が極端に低いか、最大レバレッジが極端に低い代わりにロスカット基準が極端に高いかの2パターンしかありません。

 

最大レバレッジとロスカット基準が極端すぎるのが、日本の取引所の特徴です。

 

15倍や20倍の最大レバレッジが可能な日本の取引所は、「TradeView」よりも一気に資産を増やせるのが魅力的ですが、代わりにロスカット基準が低いのでロスカットルールが明確に決まっているトレーダーでなければ大怪我する可能性があります。

 

そして、初心者トレーダーはロスカットルールが明確に決まっていないことが多いので、わずかな望みに賭けてロスカットを怠りやすい傾向にあります。

 

結果として、ロスカットがどんどん遅れて資産を大きく減らしてしまいます。

 

日本の取引所は、「BitFlyer」や「BitBank」のように、証拠印が半分以下になるまで強制的なロスカットは行われないので、ロスカットルールが明確になっていない初心者の人にとっては非常に危険です。

 

「ロスカット基準」と「最大レバレッジ」の項目をクリアしたら「追証」を加えて再検証

 

取引所名 最大レバレッジ ロスカット基準 追証
TradeView 10倍 証拠金維持率100%以下 なし
BitFlyer 15倍 証拠金維持率50%以下 あり
BitBank 20倍 証拠金維持率20%以下 なし
DMM Bitcoin 4倍 証拠金維持率80%以下 あり

 

「最大レバレッジ」と「ロスカット基準」の項目に、「追証」を加えると、日本の取引所である「BitFlyer」と「DMM Bitcoin」は追証があるという結果になりました。

 

逆に、「TradeView」と「BitBank」は追証がありませんので、相場の急激な変動で借金を抱える心配がありません。

 

追証がないほうが安心してトレードできるので、安全性で考えると「TradeView」か「BitBank」をおすすめします。

 

「ロスカット基準」と「最大レバレッジ」と「追証」で検証した結果

 

個人的に「追証」があるかどうかが、資産の安全性において一番重要だと感じているので、まず「追証」のある「BitFlyer」と「DMM Bitcoin」は論外です。

 

すると、「TradeView」と「BitBank」が残りますが、「BitBank」はロスカット基準である証拠金維持率が低いので、損失を広げる可能性があるのでおススメできません。

 

初心者のことも考えて、予期せず相場の大変動でも資産を大きく減らすことがないように、早めに強制的な決済(ロスカット)をしてくれる「TradeView」が良いと思います。

 

「手数料」と「スプレッド」の2つの観点から検証

 

取引所名 往復手数料 スプレッド
TradeView 価格×0.0015で算出。 1セントから
BitFlyer 無料 変動によりランダム
BitBank 枚数×約定価格×0.01%で算出。 変動によりランダム
DMM Bitcoin 無料 変動によりランダム

 

「手数料」と「スプレッド」で検証した結果

 

まず、情報の信頼性と確実性という観点から見れば、「TradeView」のスプレッドの情報は実際にメールで問い合わせて得た公式的な情報なので、信頼性と確実性は非常に高いです。

 

さらに、「TradeView」では、スプレッドが1セント以上かかるという明確な数値が出ているので、とても信頼性が高いと思います。

 

対する日本の取引所では、スプレッドは変動するから明確な数値は答えられないと言われました。「TradeView」のように最低値だけも教えてくれたらいいのに、それすら教えてくれませんでした。

 

つまり、最低値を教えることができないということは、限度なくスプレッドが広がる可能性があるということです。

 

対する「TradeView」は、2004年に開設されて以降、サンタンデール銀行と提携して顧客資産を補償する制度を導入したり、信頼性の高いケイマン諸島金融庁から正式な認可を得た会社です。

 

私みたいな個人が問い合わせた内容に対して、わざわざ嘘をついているとは考えられません。

 

「TradeViewForex」を認可したケイマン諸島金融庁について

 

TradeViewForex(トレードビュー)は詐欺?信頼性と安全性は?

 

日本の有名な取引所の致命的なデメリット

 

日本の有名な取引所の致命的なデメリットは、すでに何度もシステムの不具合や理不尽な顧客アカウントの凍結により顧客に多くの損失を与えていることです。

 

例えば、大きな利益を得続けている顧客に限って難癖つけてアカウントを凍結したり、相場の重要な局面に限ってサーバーがダウンして決済も注文もできないなどのトラブルが多発しています。

 

対する、海外の取引所「TradeView」はシステムの障害や理不尽なアカウント凍結を行ったことはありません。

 

「TradeView」では、システムメンテナンスがあれば事前に告知されますし、注文が通らず決済が遅れて損失が広がるといったトラブルも聞いたことがありません。

 

何より、今まで不祥事を頻繁に起こしてきた事実は、日本の取引所が資産を安心して運用するという取引所にとって最も重要で当たり前な観点において、致命的なデメリットです。

 

【結論】BTC(ビットコイン)FXにおススメの取引所は?

 

やはり、BTC(ビットコイン)FXにおすすめの取引所は、海外取引所「TradeView」です。

 

海外取引所「TradeView」は、追証がないので借金の心配がなく、スプレッドも明確な最低値を提示していてとても狭いのでトレーダーに有利な環境を提供していて、最大レバレッジとロスカット基準のバランスがいいので本当におススメです。

 

2004年に誕生して以来、何の問題もなく運営されてきている事実は、信頼性と安全性が高い証拠です。自分の資産を預けてトレードするに値する数少ない取引所です。