FX会社である「TradeViewForex(トレードビュー)」は、世界的には歴史が古く、信頼できるFX会社として知られていますが、日本ではあまり知られていません。

 

「TradeViewForex」は、海外の口コミではかなり好評のようです。

 

しかし、「Slippage(スリッページ)」による利益の減少や損失の拡大を意図的に起こしたり、現金の出金申請を行ってから一向に銀行口座に着金しない詐欺会社も存在します。

 

だから、あなたは慎重にならなくてはいけません。

 

FX会社の安全性と信頼性を測る7つのポイント

 

FX会社の安全性と信頼性を測るには、以下のポイントが重要です。

 

  1. 注文が約定しやすいかどうか。
  2. 「Slippage」が起こらないかどうか。
  3. 「No Dealing Desk(NDD)」を採用しているかどうか。
  4. 金融庁から認可を受けているかどうか。
  5. 会社設立からの歴史の長さ。
  6. 補償制度があるかどうか。
  7. 追証があるかどうか。

 

上記7つのポイントと照らし合わせて、「TradeViewForex」の信頼性と安全性を検証します。

 

「TradeViewForex」では注文は約定しやすいのか?

 

「TradeViewForex」のトレードシステムでは、多くの「大手銀行」や「ノンバンクLP」との提携と、優秀なデータセンターの使用によって、高速で正確なトレードをすることができます。

 

まず、多くの「大手銀行」や「ノンバンクLP」との提携によって、顧客にとって最良のレートを見つけ出すまでにかかる時間を極限まで減らします。

 

もし、提携する銀行の数が少なければ、顧客に提供できる有利なレートのバリエーションが減ってしまうので、ベストなレートで約定する可能性が低くなり、利益を伸ばしにくくなります。

 

なので、FX会社の信頼性や安全性を見る上では、提携しているレート提供元の数は重要です。

 

そして、優秀なデータセンターを使うことでシステム障害のリスクを減らし、安心してトレードできる環境を提供します。

 

あなたは、FX会社の個人的な理由でトレードを邪魔されたり、資産を失うことなく、安心してトレードすることができます。

 

「TradeViewForex」の約定する速さやシステムについては、以下の記事を参考にしてください。

 

TradeViewForexの約定力が高い秘密と安全性を徹底解説!

 

「TradeViewForex」では「Slippage」は発生しないのか?

 

「TradeViewForex」では、多くの「大手銀行」や「ノンバンクLP」と提携しているため、あなたが得たい利益のためのレートを見つけるまでにかかる時間はとても短いです。

 

加えて、優秀なデータセンターを活用しているため、システムの不具合で決済が遅れるといった問題は、限りなくゼロに近いです。

 

システムの不具合で決済が遅れて、想定していたレートとは違うレートで決済され、利益が減ったり、損失が膨らんでしまう「Slippage(スリッページ)」が起こることはありません。

 

「TradeViewForex」はNDD方式を採用しているか?

 

はい。「TradeViewForex」では、顧客と正式なレートを提供するインターバンクが直接取引できる「No Dealing Desk(NDD)」を採用しています。

 

日本のFX会社でよく採用されている「Dealing Desk(DD)」と違って、「NDD」ではFX会社が勝手にレートをいじって顧客に提供したり、都合のいいタイミングで決済させたりすることができません。

 

「NDD」の素晴らしい点は、トレードに透明性が出るところです。

 

「TradeViewForex」は、誰でも納得できるトレードができる環境を整えています。

 

「TradeViewForex」は金融庁から認可を受けているか?

 

「TradeViewForex」は、ケイマン諸島金融庁から正式な認可を受けています。

 

ケイマン諸島金融庁と聞いて、怪しいと思ったかもしれません。しかし、実はケイマン諸島は金融街としても知られており、世界的に安全性の高い基準を誇ります。

 

FAFT(金融活動作業部会)においても上位を誇る信頼性を持ちます。

 

ケイマン諸島金融庁について詳しく知りたい場合はこちらの記事をどうぞ。

 

「TradeViewForex」を認可したケイマン諸島金融庁について

 

「TradeView.Ltd」の会社設立からの歴史の長さ

 

「TradeViewForex」は2004年に設立されました。もうすでに設立されて10年以上経過しています。

 

「リーマンショック」や「チャイナショック」、「スイスフランショック」など数多くの大変動があり、変動に耐えられず倒産したFX会社が存在する中、「TradeViewForex」は乗り越えてきました。

 

歴史の長さはFX会社の安全性と信頼性を証明する上で重要な部分です。なぜなら、相場の歴史的とも言える大変動を乗り越える力がなければ、今日に至るまで生き残っていないからです。

 

補償制度はあるのか?

 

「TradeViewForex」では、万が一自社と資金を管理しているサンタンデール銀行が破綻した場合、3万5000ドルまで顧客に対して補償する制度を設けています。

 

あなたのミスで資産を失った場合は対象にならないので注意が必要ですが、このように万が一の問題が起こってもある程度の資金の安全が保障されているのはいいことです。

 

追証はあるのか?

 

「TradeViewForex」では「追証(マージンコール)」はありません。

 

ゼロカットシステムを導入しているため、顧客の資産が相場の変動でゼロになることはあっても、マイナスになることはありません。

 

つまり、相場の変動によって借金を負う心配がないということです。

 

「TradeViewForex」の安全性と信頼性に関する評価まとめ!

 

「TradeViewForex」の安全性についてまとめました!

 

  1. 大手銀行と優秀なデータセンターとの提携により約定が早い。
  2. 「Slippage(スリッページ)」は起こらない。
  3. 「NDD」を採用しているので透明性が高い。
  4. 世界的に信頼の高いケイマン諸島金融庁から認可を受けている。
  5. 会社設立から10年以上経ち、多くの経済危機を乗り越えるだけの力がある。
  6. 破綻したときは顧客資金を3万5000ドルまで補償する。
  7. ゼロカットシステム導入で追証なし。

 

「TradeViewForex」はかなり信頼できる会社であることがわかりました!

 

他の記事では、さらに詳細を解説しています。

 

もしあなたが不安な場合は、他の記事もぜひ参考にしてください。